愛知東邦大学 教務課

成績

【成績評価】

 期末試験および追試験の成績は100点を満点とし、次の基準により合否が定められています。

【2011年度以降入学生】
 素点:100~90点 成績評価:A+(合格:単位修得)
 素点:89~80点 成績評価:A(合格:単位修得)
 素点:79~70点 成績評価:B(合格:単位修得)
 素点:69~60点 成績評価:C(合格:単位修得)
 素点:59~0点 成績評価:D(不合格:単位未修得)
 成績評価:N 認定(単位修得)
 成績評価:K 授業欠席過多、試験欠席(単位未修得)

【2010年度以前入学生】
 素点:100~80点 成績評価:A(合格:単位修得)
 素点:79~70点 成績評価:B(合格:単位修得)
 素点:69~60点 成績評価:C(合格:単位修得)
 素点:59~0点 成績評価:D(不合格:単位未修得)
 成績評価:N 認定(単位修得)
 成績評価:K 授業欠席過多、試験欠席(単位未修得)

  • 再試験の成績は合否のいずれかで評価します。(合格はすべて「C」です)
  • 編入学ならびに単位互換事業等による科目の単位認定は、「N」(認定)と表示されます。また、成績表に素点は表示されません。
  • 受験資格がない、または試験を受験しなかった場合は、成績表に「K」(棄権)と表示されます。
  • 成績証明書の成績評価欄には「A+」「A」「B」「C」「N」のみが表示され、素点は表示されません。

【成績発表】

 各個人の成績は各学期末にTOPOSでお知らせします。

【成績調査依頼】

 成績について疑義がある場合は、調査依頼を申し出ることができます。
 申し込み方法、期間については、成績発表時に掲示等の方法でお知らせします。

【GPA制度について】

 GPA(Grade Point Average)制度とは、科目ごとの成績評価にそれぞれグレードポイントを付けて、全履修科目の平均を算出するものです。
 GPAによって自分の学修効果を自分自身で把握することができるメリットがあり、本学では科目の履修にあたって、ただ卒業するのに必要な単位を取得するのではなく、学生が主体的にかつ充実した学修効果をあげることを目的としてこの制度を導入しています。また、GPAは卒業までの様々な選考の指標となるので、自分のGPAを常に意識し、学修計画を立ててください。

1.GPA制度の対象科目
【対象となる科目】
 ・履修登録した全科目(教職課程登録者は、教職関係科目を含む)
【対象とならない科目】
 ・評価を示さず、認定によって単位を修得した科目
 ・本学以外で修得した科目を単位として認めた科目

2.GPAの計算方法
【GPAの計算方法】
 (履修登録単位数×GP)の合計/履修登録単位数の合計=GPA
【運用例】

科目名 履修登録単位数(a) 素点 評価 GP(b) a×b
基礎演習I 2 90 A+ 4 8
●●学 2 70 B 2 4
●●論 2 50 D 0 0
●●演習 1 80 A 3 3
●●論 2 欠席 K 0 0
合計 9       15
平均         1.7

※上記太字(1.7)が、GPAとなります。