愛知東邦大学 教務課

学籍異動

【休学】

 疾病、その他やむを得ない事情により2ヶ月以上修学することができない場合は、休学願を提出し、許可を得て休学することができます。また、疾病のため修学することが適当でないと認められる場合については、大学が休学を命ずることがあります。

1.休学の手続き
 休学を希望する場合は、まず演習担当教員に相談してください。その結果、やむを得ないと判断された場合のみ、教務課で休学願の書類を交付します。休学願に休学理由など必要事項を記入し、演習担当教員または教務課に提出してください。ただし、疾病の場合は医師の診断書、外国で修学する場合は修学先・修学目的・在留期間を証明する書類が必要です。
 なお、学期始めから学期末までの全期間に渡る場合は、休学を希望する学期の前の学期終了日までに休学願を必ず提出してください。

2.休学の期間
 休学の期間は1年以内(特別の事由がある場合は、引き続き1年まで延長できる)で、通算して3年を超えることはできません。なお、休学期間は在学年数に算入されません。

3.休学に必要な費用
 在籍料として授業料の1/5を納入してください。

【復学】

 休学者が復学する場合は、保証人連署の復学届を教務課へ提出し、許可を得なければなりません。なお、必要に応じて演習担当教員に相談してください。

【退学】

 家庭の事情などやむを得ない理由で退学しようとする場合は、退学願を提出し、許可を得なければなりません。

1.退学の手続き
 退学を希望する場合は、まず演習担当教員に相談してください。その結果、やむを得ないと判断された場合のみ、教務課で退学願の書類を交付します。退学願に退学理由など必要事項を記入し、演習担当教員または教務課へ提出してください。
 また、前期末での退学を希望する場合は前期終了日まで、年度末での退学を希望する場合は3月末日までに退学願を提出してください。なお、退学するには学納金が完納されていることが前提となりますので、注意してください。

2.退学時の返還物
 退学願提出時に学生証を返還してください。

【除籍】

 次の事項に該当する者はこれを除籍とします。

  • 休学期間を除き8年間在学しても所定の単位を修得できない者
  • 休学期間終了時に復学を届けでない者
  • 納付金納入を怠り督促を受けてもなお納入しない者
  • 除籍承諾書を提出した者

 ※退学と同様、学生証を返還してください。